2014年2月7日金曜日

ありがちな天啓

うかびあがる容疑者像の輪郭をなぞれば、なんだ、僕そっくりだ

道ばたにみつをみたいな詩集売るおじさんがいて血を吐いている

青いビニールテープで絞められた夢の首の感触わるくなかった

炙りハラスはパスしてイクラ軍艦を待てとお告げがあり待っている

ピッチャーふりかぶってパン屑まいたマウンドに星の数ほど鳩のあしあと

0 件のコメント:

コメントを投稿