2013年9月25日水曜日

必ず手に入れたいものは誰にも知られたくないけれど君には言いたい

じゃあここで一句!と振ってくる奴を今から一緒に殴りに行こうか

さよならは済ませときたい四捨五入すれば秋だと思えるうちに

車窓から花火が見えて5秒後にそのふもとからメールが届く

もし僕がイナバ物置だったなら100人ぜんぶきみを乗せたい

一年に二人以上は渡れない橋で僕らはまたすれ違う

降りぎわに「じゃあ」と握った手のかたち合えば二人の「またね」は祈り

愛用のアプリによると仏滅は二千年後も健在である

#あと二時間後には世界消えるし走馬灯晒そうぜ



過去につくった歌の中から、数字が入った歌をいくつか集めてみた。
算用数字と漢数字の使い分けには結構気をつかっているつもりだけど、
こうやって並べてみると、どんな基準で使い分けているのか自分でもよく分からない。
短歌に数字を入れるときは、音数合わせの都合上「2」と「5」が多くなりがちだけど、
これからは違う数字も入れていきたい。

3首目は第四回 天神祭短歌大賞に投稿した歌。
この短歌賞で大賞をねらうには、お祭りの現場にもっと近づいて詠まないと駄目だろうと思っていた。
大賞を取れなかったのは残念だけど、賞をきっかけに自分らしい歌を残せて満足している。
でも、賞金の5万円でギターを買うつもりだったのでかなしい。

3 件のコメント:

  1. 今日、緑色の服を着ていらっしゃいましたか?

    返信削除
    返信
    1. 返信がおくれてすみません。
      土曜日は緑色のジャケットを着て、
      グランフロントの短歌フェアの円柱をぐるぐるしていました。

      削除
    2. やはりそうでしたか!
      グランフロントの円柱でお見かけしたのすが、「短歌男子」でしかお顔を拝見したことがなかったので確信が持てず…
      そうある偶然でもないのに惜しいことをしました。
      一か八か声を掛けてみればよかったです。

      削除