2013年6月10日月曜日

夕方の風がサニーを抜けてゆく臨時ニュースの声をさらって

山本まともさんの企画による
地方対抗短歌戦に出詠した歌。

この『風のサニー』という曲を聴いて、
こどもの頃、
祖父に連れられて行った海沿いか川沿いかのドライブの記憶を思い出してつくった。
ありふれた日常の中に臨時ニュースという非日常が入り込む瞬間をきれいに捉えていると思います。
という評を、高松紗都子さんにいただけたのは嬉しかった。

題詠にとりくむときに心掛けているのは、
その題がなかったとしても、いつの日かきっと自分がつくりそうな歌を残すこと。
無理につくりたくはない。

今回はそれがちゃんとできてよかった。

高松紗都子さんのブログはこちら 『羽うさぎの歌』


【風のサニー/花柄ランタン】

1 件のコメント:

  1. ※このあと全員死にました(自由律虚無俳句)

    返信削除